相続した共有名義の不動産を売却するには?

不動産全体を売るなら

土地や建物を相続するときは、複数の相続人で共有名義にするケースも多いといわれています。
不動産はそのまま使い続けることもできますが、売却して現金化したいと考えている人もいます。
共有名義の不動産の全体を売却するのであればまずは他の共有者と相談することが大切です。
単独名義の不動産なら、その名義人が自由に売却することができますが、共有名義の不動産を売却する際には、共有者全員が同意する必要があります。
同意が得られた場合は共有名義の土地や建物も通常の不動産取引で売却できますので、相場価格で売却することができます。
平等に分けるのが難しかった不動産を現金化することで、平等に分けられるというメリットがあります。
全員の同意が得られれば取引もスムーズに進めていくことができますが、中には反対する人が出てくる場合もあります。
それから、共有名義者の中には、疎遠になっている人がいるケースもあり、この場合は相談も難しくなってしまいます。

自分の持分だけを売ることもできる


共有名義の不動産も全員が同意すれば売ることはできますが、一人でも同意しない場合は売ることはできません。
とはいえ、不動産全体の売却は難しいケースでも、共有名義の自分の持分を売ることは可能です。
自分の持分だけを売るのであれば、他の共有者に相談をしたり、同意を得たりする必要もありません。
売却は仲介を利用することもできますが、買い手を見つけるのに時間がかかることも珍しくありません。
売れても相場よりかなり低価格になることも多くなっています。
より早く現金化したいのであれば、専門業者に買い取ってもらうことも考えていきたいところです。
この方法なら、買い手を探す必要もないので、現金化もスムーズですし仲介手数料の発生もありません。
他の方法では、共有名義の不動産を単独名義にしてから、売却するという方法もあります。
単独名義にすれば、相場価格で取引ができますが名義変更の際には、贈与税などが発生することもあります。
どのような形で名義変更をするのかもしっかりと考えておきましょう。

まとめ

共有名義の不動産を売るときは、全体を売るのであればまずは共有者全員と話し合いをし全員の同意を得る必要があります。
スムーズに同意を得ることができれば、相場価格で売買が可能になります。
全員の同意が得られない場合は、自分の持分だけを売ることもできますが、買い手が見つかりにくいことや相場より安くなることは理解しておきたいところです。
さらに、共有名義を単独名義に変更してから売却するという方法もありますので、よく考えて一番良い方法を見つけていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。